故障した時には

給湯器

事前に控えておくもの

給湯器の故障に多いのが水・お湯が出ない、温度が安定しない、煙が出るなどのことがあります。一般的に給湯器の寿命は約10年ぐらいですので、もしそのぐらいの期間使用しているというのなら故障に備えておくことが大切です。普段、使用している時に以前よりも大きな音がするようになった、ガスなどの異臭がするようになったなどのことも故障の前兆の可能性があるので注意が必要になってきます。上記のような故障がある場合は、給湯器のリモコンにエラーコードが出るようになっているので、修理を依頼する前にエラーコードを控えておきましょう。もし、給湯器のマニュアルを持っているのなら、そのマニュアルを参照にしてどのような故障なのか調べておくのも悪くはありません。マニュアルがないという場合でも給湯器の製造メーカーのホームページなどでも調べられるようになっています。次に給湯器の修理を依頼する場合は給湯器本体の型式型番、製造年、エラーコード、どのような故障なのかを準備しておくことが大切です。特に製造年は10年以上経過している場合だと修理用の交換するパーツが少なく、修理業者の方でも在庫を確認しなくてはならなくなる場合はがあります。給湯器の修理は、どのような故障でどこの箇所が故障しているのかを業者に調べてもらうことが大切です。給湯器は耐用年数を越えても修理次第では長く使えることもあるので、このことも業者に相談に乗ってもらいましょう。

Copyright© 2017 給湯器の修理はプロにお任せ【業者選びの注意点をリサーチ】 All Rights Reserved.