温度のムラをなくそう

男の人と女の人

湯量を安定させよう

長年使用した給湯器は湯の温まり方にムラが出たり、それによってエネルギーの使用量も異なっていきます。中には雷などの自然災害により故障する場合もあり、定期的な修理が必要になります。給湯器は一軒家の場合には家屋の裏側の壁面に掛けられていたり、地面に設置してあるものもあります。マンションなどの集合住宅ではガス管と共に玄関の横に設置してあります。ガス給湯器は住んでいる人の人数によってサイズが異なります。単身赴任用のマンションについている給湯器と四人家族で住んでいる一軒家のものでは湯を温める容量が異なります。修理交換をする際にはこのサイズを間違えないようにいましょう。冬場になると一軒家の給湯器では屋外に設置してあるため、ガス管が凍ってしまう恐れがあります。朝一番で湯が温まらない時には故障ではなく、この凍ったガス管を事前修理することで元に戻ることがあります。予めガス管に防寒材を撒くことで、内部の湯が凍りにくくなり解消されます。また、使用する湯量によっては温度にムラが出る事があります。浴室で湯を使用しながら台所でも食器洗いを行うと、浴室のシャワーが温まらなかったり台所の湯量が減る事があります。そんな時にはサイズをひと回り大きくすることでガス管も太くなり、一度に大量の湯を供給することが可能になります。家族が増えたり生活環境が変わると、給湯器の使用の仕方も変わります。修理が必要になった時には生活環境を考えた上で交換するとよいでしょう。

Copyright© 2017 給湯器の修理はプロにお任せ【業者選びの注意点をリサーチ】 All Rights Reserved.