燃料の違いによる特徴

メンズ

給湯器に使う燃料はガスだけでなく、電気や灯油がありますが、今でもガス給湯器は様々な特徴から人気があります。ガス給湯器の特徴として安い設置料金と高い信頼性があります。またお湯や燃料の量を確認しなくても良いといった使い勝手の良さもあります。

詳しく見る

故障した時には

給湯器

給湯器が故障してしまった場合は、給湯器本体の型式型番、製造年、リモコンに表示されるエラーコード、どのような故障なのかを準備してから修理業者に連絡するようにしましょう。給湯器は修理次第で耐用年数を越えても長く使えることもすくなくないので、業者に相談するとよいでしょう。

詳しく見る

給湯器を交換する業者

男女

ガス給湯器を交換してもらうところには、ガス会社と給湯器メーカー、それに給湯器販売業者の3つがありますが、総合的に比較して業者を決めて下さい。価格の他に電話応対や対応速度などが考慮するポイントになります。

詳しく見る

温度のムラをなくそう

男の人と女の人

給湯器は自然災害やガスや湯の使用量、生活している人数の増加によって修理交換が必要になります。一度に大量の湯量が必要な時や、家族が同時に給湯器を使用する際には、給湯器のサイズを見直してみましょう。また、冬場の凍結にも注意をしておくとよいでしょう。

詳しく見る

設置してもらう業者の基準

温水器

ガス給湯器を交換したり、修理してもらう業者を選ぶ時のポイントは料金とアフターサービスを中心に選んでください。そのためにひとつの業者にはじめから決めずに複数の業者に連絡をして見積もりをもらってください。

詳しく見る

給湯業者の選び方

作業員

選ぶ時の注意点

給湯器のトラブルといってもいろいろな原因が考えられます。例えば、浴槽のフィルターのゴミ詰まりもトラブルの一因になります。ゴミ詰まりは掃除するだけで解決しますが、給湯器本体や水道管が原因の場合は、業者に依頼して修理して貰う必要があります。トラブルがおきた時はどこに連絡すれば良いのか迷う方も多いでしょう。給湯器の修理は、メーカーや販売店、ネット検索して探した修理業者に依頼する方もいます。ネット検索で見つけた修理業者に依頼する時は、その業者が給湯器修理に関する資格を所有しているか確認が必要です。給湯器のトラブルは、本体だけでなく水道管の修理が必要になる場合があるため、それに対応する資格が求められます。また、ガス給湯器の場合は、ガス機器設置に関する資格が必要です。ガス工事は危険を伴うため高度な技術を持った業者に対応して貰うことが重要です。これらの資格所有者が在籍する業者や販売店を探して依頼するようにしましょう。資格を持っている業者は、ホームページや店頭、名刺に明記されています。依頼する側も業者にしっかりとてみましょう。また、業者には保証書の発行の有無も確かめてみましょう。そして、きちんと保証書を出している業者を選ぶことが大切です。業者の中には、修理工事中の賠償責任保険に加入しているところもあります。故障すると慌ててしまいますが、これらの点を落ち着いてチェックして、修理業者に依頼するようにしましょう。

Copyright© 2017 給湯器の修理はプロにお任せ【業者選びの注意点をリサーチ】 All Rights Reserved.